社会人になり始めて中古で購入した車

初めての車を購入したのは仕事をして1年ぐらい経ってからでした。私が生活している場所は交通の便があまり良い場所ではないので、車がないととても不便です。社会人になってから、ずっと車が欲しいと両親に相談していました。相談してすぐには金額の問題などで購入できませんでしたが、ある程度お金が貯まってから購入しても大丈夫となり、車を探すことを始めました。私は一人暮らしで実家からは離れて暮らしていたので、購入するときは実家に帰り購入手続きなどをしました。まだ、社会人になったばかりだったので、親の配慮で購入は親の名義で購入し、貯めたお金で払いきれない金額は親が負担してくれて毎月親に返済するという形になりました。生活していた場所は雪が多く降る地域だったので、雪に強く四駆になる車を購入しました。購入した場所はディーラーでしたが、たくさんの車を扱っていて何を買うかは迷いましたが、雪に強いという希望を伝えるとこれしかないと購入した車を勧められました。車を購入して生活がとても便利になり、いろいろな場所に行けるようになりました。

維持費が安く小回りのきく軽自動車がお勧め

旧型のシエンタを9年保有していましたが、次の車検が来る前に新車に乗り換えることにしました。普段は長距離を運転することはほとんどなく、近所のスーパーや買い物、子供の習い事の送り迎えに使うことがほとんどだったので、同じくらいのスペースが確保できる軽自動車に乗り換えました。軽自動車なら自動車税や車検費用も安くつき、維持費が低く抑えられるので、今後の子供達の教育費を貯蓄するために低価格の自動車に乗り換えました。しかし長年普通車に乗っていたため、軽自動車はそれに比べて乗り心地があまりよくなく、また万一事故等に合った場合、軽自動車は普通自動車ほど頑丈でなないので、事故にだけは遭わないようにかなり気をつけるようになりました。しかし利点もあり、横幅が狭いので小回りがきき、かなり細い道路でも簡単に通行できるところです。また駐車スペースもとらないので狭い所でも楽に駐車ができます。近隣しか乗らない人には絶対軽自動車をお薦めします。

シトロエンの新古車を購入しました

中古車はちょっと抵抗があったので、新古車をディーラーにお願いしていたのですが、ちょうど良いタイミングで希望の色の新古車が出てきたので即決しました。価格は3分の2くらいなのに、ほぼ完全な新車ですし、結構おすすめです。シトロエンにしたのは、代々ずっとフランス車に乗っているからなのですが、ルノーとプジョーよりも個人的にはシトロエンが好みだったので選びました。日本は自動車大国ということもあり、輸入車はちょっと、という人も多いと思いますが、最近は乗っている人も非常に増えていますし、そのおかげで以前よりも部品の取替えやメンテナンスにかかる費用と時間がかなり改善されました。なので、何かあったら面倒と思っている方にも安心して乗って欲しいです。ディーラー自体も増えていますし、まず車がどんどん丈夫になっているので、故障も昔よりかなり少ないです。乗り心地も日本車には無いものがありますので、一度乗ったらハマるのではないかと思います。